故障が疑われる場合は

下記を参考にして下さい

車両は当店に入庫後、電装系の変更が行われ

さらに納車整備として各部のチェックや調整、

敷地内におけるテスト走行を行っております。

入荷した商品をそのまま販売する場合より

各段に初期不良の割合が少なくなりますが、

万一故障が疑われるような場合は

まず下記を参考にして下さい。

※一番下に修理やパーツお取り寄せ用のフォームがございます。

症状 チェック事項 対処法
パンクしてしまった  空気を再度入れてみて、抜けてくる事を確認

T9、T10はチューブタイヤです

パンクの修理にはチューブの補修または

チューブの交換が必要です

タイヤをホイールごと外し、ホイールを

2つに分割するとチューブを外せますが

基本的には持ち込みまたは発送にて

当店で修理させて頂きます。

     
電源が入らない 電源ボタンを長押ししていますか? 電源ボタンを3秒以上長押し
  充電は出来ていますか? 一度バッテリーを満充電する
  液晶モニターからの配線が抜けていませんか? 抜けている配線をつなぐ
  イモビライザーのセキュリティは解除されていますか?

セキュリティを解除

リモコンの電源解除ボタン(稲妻マーク)を

2回連続押し

    →全て問題ない場合は修理を依頼
     

アクセルオンで進まない

充電は出来ていますか?

一度バッテリーを満充電する
  液晶モニターからの配線が抜けていませんか? 抜けている配線をつなぐ
  モーターへの配線が抜けていませんか?

抜けている配線をつなぐ

  キックスタートしていますか?

シートなしの車両では、初期設定が

キックありでのスタートとなっています。

最初に少し地面を蹴って車両を進ませてから

アクセルをオンにしてみて下さい。

    →全て問題ない場合は修理を依頼
     
スピードが出ない スピード設定(3段階)を確認 MODEボタンを押して設定
 

タイヤを浮かせた状態にして手で回して

スムーズに回るかどうかを確認

スムーズに回らない場合

前後ブレーキワイヤー

長さを伸ばす方向に調整する

 

タイヤの空気圧は適正ですか?

抜けていれば空気を補充

   

→全て問題ない場合は修理を依頼

     
ブレーキが効かない ブレーキワイヤーの緩みをチェック

緩みがある場合

前後ブレーキワイヤー

長さを縮める方向に調整する

  ブレーキパッドの残量をチェック

かなり減っている場合は

ブレーキパッド交換(注文可)

    →解決しない場合は修理を依頼
     
走行中ハンドルのブレ ハンドル周りのロックはきちんとかかっていますか? ロックをしっかりかける
  ハンドル周りのボルト類が緩んでいませんか? ボルト類を工具で増し締め
  タイヤの空気圧は適正ですか? 抜けていれば空気を補充
  転倒などで車体に強い衝撃を受けていませんか?

ハンドルやフレーム変形の恐れあり

場合によっては修理費が高額になります

 

タイヤを浮かせてホイールにがたつきはありませんか?

(過走行や路面状況の悪い道路を頻繁に走った場合)

手で動かしてがたつきがある場合

ホイールベアリングの摩耗や破損が

原因の為、修理を依頼して下さい

※個人での交換は難しいパーツです

   

原因不明の場合はひとまず

チェックの為に車体をお送りください

     

走行可能距離が著しく短くなった

タイヤを浮かせた状態にして手で回して

スムーズに回るかどうかを確認

スムーズに回らない場合

前後ブレーキワイヤー

長さを伸ばす方向に調整する

  タイヤの空気圧は適正ですか? 抜けていれば空気を補充
  タイヤはパンクしていませんか? パンク修理、エアバルブ交換
   

→全て問題ない場合はバッテリーの寿命

バッテリーの交換が必要です

     
充電出来ない

充電器のコードが抜けていませんか?

充電器のチェックランプ点灯していますか?

充電器故障の場合は、充電器の交換

それでも直らない場合は、本体の修理

上記をチェック頂き、

修理やパーツ注文を依頼される方は

下記のフォームにてご依頼下さい。

パーツ在庫が一時的に切れていたり、

修理の依頼が多数ある場合は、

修理までお日にちを頂く事がございます。

メモ: * は入力必須項目です